E.I.C 詰め込み投資塾

当社E.I.Cでは投資(FX)で沢山の投資家を輩出してきました

FXに限らず投資で勝ち続けている人は極わずかです。

何故でしょうか?

 

一つは、

プロスペクト理論にはまってしまっている人が多いことです。

プロスペクト理論とは

特に日本人に多く、

利益になっている時は堅実(臆病)になり、損失回避には積極的になるという心理現象をプロスペクト理論と言います。

予め決めた利確ポイントの下で決済したり(臆病になる)、損切りラインを決めておいたのにズルズルと負けこんでいく経験はないでしょうか?

これがプロスペクト理論にはまっているということです。

 

もう一つが、

プロスペクト理論同様、サンクコストにはまってしまっている人が多いです。

サンクコストとは

例えば投資を始めうまく計画通りにいかなかったときは、計画を見直し撤退すればいいものの投下した資本が忘れられずズルズル深みに入ってしまうことをサンクコストと言います。

 

ラスト一つが、

プロスペクト理論、サンクコストも投資を始める前提にマインドに叩き込んでいかなければなりません。

次に大切なのは何でしょう?

少し考えてみましょう。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

次に大切なのは情報です。

テクニックだと思った方は間違いです。

為替市場は7割が投資家の心理で動いています。

例えば、地底学リスク(北朝鮮ミサイルなど…)でドルが売られたりなど、アメリカが中東に戦争を仕掛けたらドルが売られたりするのは投資家がアメリカ経済に打撃を受けるかもしれないというリスクでドルを売っています。

↑情報ですよね

 

○○が起きるから△△を売り出す。

↑○○こそ為替市場を動かす情報であり、○○が分かっていれば利益になります。

情報があり、テクニックをつけるというイメージです。

テクニックを先に習得する人が多いですが、順番が逆です。

 

E.I.C詰め込み投資塾の趣旨

FXを始める人は『楽しさ』を感じ投機していない人が多いと思います。

楽しいと思わなければ、継続するはずがありません。

なので、投資をする楽しさを最初に感じて頂き、次に投資を際のするマインド(プロスペクト理論やサンクコスト等々)次に情報活用、テクニックを指導していきます。

『詰め込み』という言葉の通り期間は1カ月でその間に投資をする為に必要な武器を揃えてもらいます。

 

質問等や詳しい説明は応募後、お電話させて頂きますのでその際に聞いて頂ければと思います。

__________________
いつもご支援頂きありがとうございます
おかげ様でE.I.C為替ブログ プレミアム会員200人突破することができました㊗