21日FOMCについて

21日のFOMC控え調整的なドル売りの動きがみられ落ち着きのない相場が続いています。
FOMCで重要視されているのが今後の『利上げ発表』と『バランスシート縮小』です。

バランスシート縮小決定は今回のFOMCでかなり期待されている。

バランスシート縮小とは
FRBの国債や債券などの保有資産の量を減らすということです。
よってドル高になる可能性が高いです。
しかし
金利引き上げが期待されている中バランスシート縮小決定は少し危険です
ダヴ平均下落を受け日経平均が下落することによりドル円下落する可能性も無きにしも非ずです。

バランスシート縮小決定がされ取引するのであれば利伸ばしを意識せずに損切りを厳しめに入れることをお勧めします。

現在利上げをするのかしないのか、そしていつ利上げをするのか…
全国の投資家が注目するところであり今回のFOMCの肝になるところでしょう。

【まとめ】
バランスシートの縮小決定があればドル高になる可能性が高い
日経平均下落でドル売りされるリスクもある

利上げポジティブな発言があるか否か
政策金利についての発言