資金管理

投資(投機)において重要なポイントとして資金管理が挙げられます。

 

先ず、殆どの人が陥るのがサンクコストプロスペクト理論です。

 

サンクコストとは

例えば、何か事業を始め上手く計画通りに行かなかった時計画を見直し、さっさとその部分から撤退すればいいものを、投下した資本が忘れられず、ズルズルと深みにはまって行ってしまうこと

 

FXでも同じことが起きます。

負けは負けでさっさと切り替えて次に進むことが出来ない人が物凄く多いという事です。

 

プロスペクト理論とは

(金額が大きくなればなるほどこの度合いが高まります)

 例えば、お小遣いを黙って1万円貰えるとします。

1/2の確率で勝てば2万円貰えるクジがあり、そのクジを引く人は、40%以下で60%以上の人が黙って1万円を選びます。

 ところが、何かのペナルティーで1万円払わなければいけないとします。

1/2の確率で勝てばペナルティーは0、負ければ2万円の支払いの場合のクジを引く人の確率は70%を超えるそうです。

 

この傾向、何故か日本人に特に強く出るそうです。

利益が出る場合は堅実(臆病)になり、損失回避には積極的になるというのがプロスペクト理論です。

 

FXで予め決めた利確ポイントの下で決済したり、損切りラインを決めておいたのに、盛り返すんじゃないかという希望的観測でズルズルと負けが込んでいくのは、殆どの人がこの理論にはまってしまうからです。

 

サンクコストにも通ずる部分

例えば株やFXで、底で買って天井で売るということは(偶然ある場合もあるでしょうが)正直、不可能です。

底から反転して暫くして買う

天井から少し下がったところで売るというのが勝つ投資です。

 

 

人間の脳は否定形を理解できない

例えば、これからミカンの事は絶対に考えないでくださいと言われるとどうでしょう?

ミカンの事を考えざるを得ませんよね。

 

ゴルフで、目の前に池があり

池ぽちゃはいけないと思うと否定形を理解できない脳は池ぽちゃへと誘導してしまいます。

 

池ぽちゃはいけないではなく池の向こうのグリーンに乗せる事を意識すれば案外いい結果が出たりするものです。

 

正しいロジックに基づいて

正の方向を意識した資金管理が貴方を成功へと導きます。

 

しっかりと資金管理が出来ていれば勝率60%で年間で約20倍(均等資金の場合です)この管理をうまくすれば3040倍も普通に増やせます。

 

自分なりにどうするのが効率が良いか、電卓を持って計算してみましょう

人それぞれなので具体例は示しません。

 

サンクコスト、プロスペクト理論、脳の特性

これらを理解して自分なりの資金管理を確立しましょう。

 

これをおろそかにして行き当たりばったりでトレードしていても、おそらく資金は増えません。

__________________
いつもご支援頂きありがとうございます
おかげ様でE.I.C為替ブログ プレミアム会員200人突破することができました㊗