米民主党がトランプをどうしても潰したい理由

現在、トランプ政権の方向性に対して大反対しているのは民主党です。

民主党は歴史的に企業と結託し、政権を維持していた事実があります。

どのように維持していたのか?

企業➝『献金するからうちを支援をしてね』

このようなことが当たり前に取引していたのが民主党です。

 

民主党の前大統領オバマさんが掲げていた政策や方向性などが完全に無視されトランプ色に染まることによって困るのはだれでしょう?

民主党と秘密契約していた企業です。

例えばオバマ政権時にオバマケアという法律がありました。

『医療保険に入らなければ違法』という国民に強制的に保険を加入させる法律です。

国民は医療保険を払い潤う医療業界製薬業界の企業です。

↑オバマ政権時に何千億と献金を渡していた企業の一つです。

あとは軍需産業から献金された分は

イラクとアフガニスタンに造兵し、教育ビジネス業界から献金された分は学校の民営化を進めたりなど

献金された分、しっかり企業に見返りを返しています(笑)

これが民主党と企業の関係です。

 

 

民主党が掲げていた政策は大企業、多国籍企業が得をするような政策でしたが

トランプ政権で企業が得をしなくなったために、大企業、多国籍企業からしたら民主党議員に対し

『どうなっているんだ?あの時献金しただろ』と圧力がかけられ切羽詰まっているのが現在の民主党です。

 

なので、米メディアでは大統領になる前からトランプ叩きが続いており先日のロシア疑惑に関しても税制改革法案可決審議と重なって報道されました。

出来すぎたタイミングだな…と思った方もいると思います(笑)