米株が下落した背景

8,9,10日と米株が下落しました。

 

先日サウジアラビアのアルワリードビンタラル王子が汚職容疑で逮捕されたと報じました。

アルワリードビンタラル王子とは一体何者なのか?

彼はサウジアラビア1位2位を争う富豪で、ジャーナリストクラブのフォーブスの発表では世界で64位の金持ちである。

職業は投資家で自身でキングダムホールディングスという投資会社も経営している投資界の大物です。

 

何故、米株に大きな影響を及ぼしたのか?

彼はアメリカの石油富豪やイギリスの王族とも親しい中であり、特にアメリカの大企業である石油会社、資源関係の会社に投資をしたり株主として入っていました。

そこで彼が逮捕されたことにより自身が経営する投資会社の株が急落し、その波が、彼が投資している米企業や株主として入っている企業に大きく影響し米国株が下落したのが背景です。

 

サウジアラビアで王族が逮捕される例は、今まで一度もなく逮捕理由も明らかになっていない。

彼の逮捕キッカケにその他サウジアラビアの王子11人も拘束されていると噂されていてサウジ王族メンバーは全員出国禁じられている。

 

E.I.Cの調査ではサウジ王族は金融界で飛びぬけているメンバーやビジネスマンが多く、世界の株価不正操作によってぼろ儲けしているという噂も流れている為に

以下がアルワリードビンタラル王子の逮捕容疑だと見ています。

 

日本でいう天皇陛下を逮捕するようなものなので、

大事件ですよね(笑)

 

今後の米株とドル相場はじりじりと緩やかに買い戻しはされてくると思いますが、少し時間がかかりそうですね….

__________________

いつもご支援頂きありがとうございます。

おかげ様でE.I.C為替ブログ プレミアム会員100人突破することができました㊗

 

E.I.C一同