第一回楽しく金融を学ぼう♪~リーマンショック編~

金融政策は日銀がそれなりに頑張って来た。
やれないだろうと思っていたマイナス金利
もやり、現状では手詰まり感があります。

成長戦略は、ほぼ手付かずで、規制緩和も
法整備も進まない、

唯一消費税増税を再延期して、ある種の
財政出動をしようとしている。

3本の矢の内2本は放てず、やっと放った
1本も力無く放たれました。

消費税増税の再延期には賛否両論です

5%→8%にした時の消費の落ち込みが
ひどく、また消費が冷え込んでは、政権が
もたない。ここは増税を延期した方がよいでしょう

20年までにプライマリーバランスをプラス
にする公約は果たせないだろう、消費の
冷え込みは消費税もあるが、社会保障を充実
させて将来不安が減少すれば消費は上がります。

賛否は概ねこの両論だと思われる。

※プライマリーバランス;財政収支において、
過去の債務(借金)の返済や利払いを除いて
単年での収入(主に税収)と支出のバランス※

何が何でも増税したい財務省、政権維持をし、
あわよくば憲法改正にまで持っていきたい
安倍内閣。財務省🆚官邸の戦いは
今回はとりあえず官邸の勝ちでしょう。

投資のプロ孫正義率いるソフトバンクが
アリババの株の一部を売却する。
(相変わらず筆頭株主ではある)
売却して借金返済に充てる。
何故か、自己資本比率が15%を切る借金のため
株価の評価がイマイチだったためです。
(この発表直後ソフトバンクの株価は年初来高値
をつけました)

※自己資本比率;自己資本(返済不要のお金)➗
総資本(自己資本➕借金)※

財務省は負けたふりをして上手くマスコミを
丸め込んだように見える。実際の国の
バランスシート(貸借対照表)を見れば、
実質の借金は多めに見積もっても400兆円(GDPの
90%程度)であり、財務省が握る利権の
資産を100兆円程度売却すればプライマリーバランス
は一瞬で改善します。
ここに手をつけないのは財務省に負けているのか
財務省のプロパガンダ(洗脳的宣伝)にやられました。

これが本当のリーマンショック