日経平均上昇、米金利上昇、自民圧勝によって…..為替どうなる? 

様々な観点から見て日経平均21年ぶりに2万2000円代、米金利上昇などから見て現在のドル相場で投資家は安心してドルを買っている。

 

さらに衆議院で自民圧勝を受け、日銀の政策も変わらぬと投資家は判断してドル買い材料はそろっている相場です。

 

心配な点は次期議長発表が間近というトランプの発言で相場が困惑したり、北朝鮮の問題がリスクと捉えるべきところです。

 

ドル買いが便乗ポイントと言えるかは以下のリスクがあるので定かではありませんが、今は中期『安心してドルを買える』ということは間違いないでしょう。

 

ヨーロッパの経済成長率も上がりつつあり、アメリカも政策を事細かく行っている中、日銀だけは年内の出口が見えないところではあります。

10/31日銀記者会見が見どころになります。

 

FRBの年内の政策出口は11/2のFOMCで述べる可能性が非常に高いので注目するべき点ですね。

 

 

プレミアム会員様にはもっと事細かい便乗ポイントも記載しています。

プレミアム会員での情報は現在まで勝率100%を保っているので、安心した取引の材料にして頂けています。

プレミアム会員 月額は4320

プレミアム会員の登録はサイトメニューから手続きをお願い致します。

※投資最終判断はご自身でおこなってください。

 

___________________________

いつもご支援頂きありがとうございます。

おかげ様でE.I.C為替ブログ プレミアム会員数100人突破することができました㊗

 

E.I.C スタッフ一同より

 

お問合せはフォームまたは公式LINEまでお気軽にご連絡下さい。

 
 お問い合わせフォーム


 
 
 

 
にほんブログ村 為替ブログへ
応援宜しくお願い致します!