市場の免疫

こんばんは^^

最近は市場に影響する話題のニュースが沢山ありますね。

トランプ大統領の関税、派生した米中通商問題、森友文書書き換え、EU離脱交渉など予想の難しい市場の時期がやってまいりました!!

 

今回は市場の免疫についてお話します。

人間が売買している為替市場の動向は人間の心理指数に左右されやすく、まさに今そんな感じの相場ですね。

市場は人間の投資考を数値化したものです。

尚更難しいですよね~

市場の免疫とは

例えば今一番問題視されている米中通商問題は3月が一番市場に影響されていました。

一時104円代をつける場面もありましたね

しかし、今は米中通商問題が悪化する中、106~107円代レンジで落ち着いる相場が続いています。

市場は相場慣れします!!

去年保護主義というトランプ大統領の本性が市場に伝わった時は年間通してドル安続きでした。

ですが今は米国が保護主義主張悪化する中、割と落ち着いた相場です。

この矛盾した相場状況は人間の心理から来ています。

市場は問題が一定期間続くと相場慣れして初期より問題に対し反応しずらくなって投資家は新しいネタを待ちます。

様々な投資の中でFXが慣れ相場までの期間が短く思えます。(個人的見解)

 

今の大手投資会社や銀行が使用しているトレードAIはファンダメンタル市場も読み取って利益出しまくっているらしいです!

 

執筆 E.I.C管理人