先読み① ~ダウ下落~

9日早朝にNYダウが大暴落しました!!

ダウの暴落により、米ドルも1ドル108円半ばを割る結果となりました。

 

世界規模のNYダウ暴落は日経平均、為替市場にも影響します。

この下落で損失を受けた方も少なくないと思います。

『先が読めなくてどうしたらいいか分からない』

そう嘆くより原因を見つけましょう!

 

世界規模のダウ下落の原因は一体何なのか??

当社の分析だと米金利が短期間で上昇したことが、

ダウの大暴落に繋がったと予想しています!

年始から米金利が上昇し2月2日に発表された米雇用統計良好な結果も米金利上昇の急ピッチ上昇を後押しする流れになりました。

投資家はどの相場でもそうですが、過去の相場を大幅に上回ることを不安に思います。

『いつ米金利が下落するのか分からないから今のうちに売っておこう』

それが投資家の本音です。

メディアでも金利が上がりすぎていると報道しさぞ持ち株を手放したくなったのでしょう。

これがダウ大暴落の真相だと思います。

 

今後、またダウ暴落があるとしたら、どうやって回避すればいいのか!?

E.I.Cのサービス受講者にはお話していることですが、

今回特別にダウ暴落に回避する方法を教えます!

先ほどのダウ下落の原因で述べましたように犯人は米金利です。

米金利に着目することがダウ暴落回避する材料になります。

こちらをご覧ください!

米国10年債券利回りの5時間足チャートを見てみましょう。

①が2月6日のダウ大暴落で②が2月9日の二回目のダウ大暴落です。

一回目の暴落からまた高値を更新し、再度暴落していることが分かります!

クライアントさんには常日頃、米金利チャートは見るようにと指導している為にダウ大暴落による為替変動で損失を出した人は一人もいません。

 

このようにダウ暴落の『犯人』を見つけ『犯人』を観察することが次回三回目のダウ暴落が起きても防げるのではないでしょうか!!

 

一回目のダウ暴落から一週間足らずで二回目の暴落が来ました。

現在のダウ相場を見ても未だ底が見えない状態なので三回目のダウ暴落も可能性としては十分とあります。

 

是非この記事を参考に今日から『犯人』の観察をしていきましょう。

 

※最終投資判断はご自身でお願い致します、当記事は取引の材料にして頂ければ幸いです。万が一損になっても当社は一切の責任を負いませんのでご了承ください。
_____________________
いつもご支援頂きありがとうございます。
おかげ様で会員数200人を突破しました㊗