個人投資家の弱いところ

個人投資家も様々で財閥生まれの個人投資家は例外として、なけなしの資金から始める個人投資家の弱いところをお話します。

 

まず初めに、

投資をする前にFX投資に限らずですが、必ず決めなければいけないことがあります。

スタイルです

 

自分の投資スタイルが定まらなければ、そもそも投資をしても勝ち続けることは出来ません。

 

その次に大切なのは

情報です

例えばFX投資は経済影響や国際情勢の動きによって市場にも影響していきます。

その為に情報が必要です。

 

テクニックやノウハウが一番最初に身に着けていかなければいけないと勘違いしている人が多いと思います。

そうではなく、自分の投資スタイルと投資するうえでの情報があって初めてテクニックやノウハウを所得します。

↑そこの順番を間違えている人は非常に多いと思います。

 

そこが定まってやっと戦略に入ります。

戦略を立てていくうえで自分の実力を自分自身が理解していないといけません。

例えば、自分の実力で月利何%回していけるのか。

それが投資で必ず設定しなければいけない目標です。

目標は必ず達成できる数値を設定しなければいけません。

目標を立てたら次は逆算です。

月利〇%出すためには日で何pips取れば達成できるのか…

その投資スタイル、目的目標設定、戦略を立てて初めて投資することができます

 

今お話したことは基本事項としてお題の話に移ります

 

☆個人投資家の弱点

一つ目は、負けを認められないこと

備考:必ず負けや損には原因があります、負けた時こそ『何故負けたのか』を追究しなければいけません。

二つ目は、予想した取引に対し真逆な結果になった時に悲しいと思うこと

備考:投資は客観的ゲームであり感情は弱さになります、なので下がることが楽しいと思う真逆なマインドが必要になります。

 

そのメンタリティーを超えられなければ、でかい投資をすることは出来ません。

 

損=ネガティブ ではなく損=必要 という考え方が投資の世界では一般です。

そこのマインドがしっかりとできていて設定した目的に合わせ投資をしていけば現在の国際経済上、負けることはほぼないでしょう。

 

よくE.I.Cにも相談に来る方が多いのですが

9割がメンタル負けで損切りができない・・・という方が多いですね。

 

テクニックやノウハウなんて10%で30%が情報、60%がメンタルです。

それが投資の世界の本質ですね。

__________________
いつもご支援頂きありがとうございます。
おかげ様でE.I.C為替ブログ プレミアム会員100人突破することができました㊗

11/26(日)14時からE.I.C主催のFX実践講習会を開催します。 

応募はE.I.Cホームページ欄からどうぞ♪